MENU

Voice (参加者の声)

お疲れさまでした♪『第34回関東オフ会』(12/21)

昨日の『第34回関東オフ会』(12/21)にご参加下さった皆様、お疲れさまでした。

関東オフ会20141221_S.png

 

ミニマムな人数ながら、一応、低弦もそろい、ハーモニー感も立体的に感じ取れる部分もたくさんあり、なかなか、充実できた会だったと思います(^_^)

 

是非とも、参加された皆様の、率直なご感想を、沢山、お聞かせ下さい。

来年度(2015年)も、3月、5月、、、と、これまで同様、最低、年に4回〜5回の開催を、と考えております。

来年度も、更に、充実した、弦楽アンサンブルの学びと響き合える楽しみの場を作っていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

2014/12/22    参加者の声(関東でのイベント)    れいこ♪(管理人)   |    タグ:弦楽ワーク , 関東オフ会 , 関東エリア , web

COMMENT LIST


≫ sora
いつもこちらのオフ会を楽しみにしていますが、今回当日の朝、突然父の具合が悪くなってしまい、オフ会は午後からの参加となりました。
大遅刻となってしまいましたが、玲子先生、toyoさん、totoroさん、だいぐるんさんが温かく迎えてくださり、半日楽しく過ごすことができました。

今回、ヴァイオリン2、ヴィオラ1、チェロ1の弦楽四重奏を体験しました。
1パートひとりで弾くので、そのパートを責任もって正確に美しく弾きたいのですが、これが本当に難しいです。
なかなか自分の思い通りに弾けないのが悔しいのですが、それでもこんなに楽しいのですから、コツコツ練習していきたいと思います。

現在アマオケに入っているので、もう少し実力があれば仲間を作って弦楽四重奏などをしてみたいという夢もあるのですが、そこまでのレベルにいくにはまだまだまだ・・・先は遠いです。
でもこちらのオフ会ではその弦楽合奏を体験できるうえ、指導してくださる玲子先生もいらっしゃるので、本当に心強く安心しながら弾くことが出来ます♪♪ 
おまけに一緒に参加しているお仲間が皆温かい方ばかりで、笑いのいっぱいのある空間で合奏できるのも本当に毎回参加してよかったと感じています。

これからも弦楽合奏を体験しながら学習し、楽しめるこちらのオフ会を楽しみにしています!!
玲子先生、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


≫ toyo
 毎年この時期恒例の「クリスマス曲」オフ会。今年は久しぶりに、リアルチェロのT君の参加で全パートがそろい、自分は例年の自称「ヴィオランチェロ」担当から、リアルヴィオラに復帰。どんな響きになるか、とても楽しみでした。
 午前中は、しっとりアヴェ・ヴェルム・コルプスから。弾くたび・聴くたびに思うのですが、「愛らしい小品」のようでいて、とても深い陰影をたたえた歌・・・まさにモーツァルトならではの境地です。
 弾き始めた最初のうちは「ん?」のようなところもあったけれど、しだいに皆の弾き方・感じ方が折り合ってきて、きれいな響きになる瞬間が垣間見え・・・さらに、「ここの原曲の歌詞はどうなっているのだろう」とか、微妙な転調に込められたメッセージの流れなどにも思いを巡らし・・・新しい発見を重ねながらアンサンブルできたと思います。最後の終止の和音を弾き終えて、全員がしばしうっとり。これまでにない満足感を味わうことができました。
 続いて、いよいよコレッリのクリスマスコンツェルト。冒頭のドラマチックなヴィヴァーチェから重厚なグラーべ、チェロが大活躍するアレグロ前半くらいまでをざっと見たところで、午前の部は終了。
 いっしょにお昼を食べ、おしゃべりするのも、オフ会の大きな楽しみです。今回は、なぜだか関西カルチャーが話題になり、何を隠そう往年の大阪子どもtoyoが大暴走! まさかの大爆笑モードで、午後の部に突入となりました(^^;)
 午後からはSさんも加わり、一段と充実した編成でクリスマスコンツェルトを再開。コレッリ・サウンドと真摯に向き合う・・・なかにも、ついtoyoの関西コメント続発で失礼しましたm(__)m
 でも、自分としては、第3楽章のアダージョが「はんなり京女どすえ」、中間部のアレグロが「こっらー河内の極道やど」とか、独自の言語表現により曲想の(ある一面の)共通理解形成に貢献できたのではないかと考えますが・・・やっぱり若干行きすぎだったかも(笑)
 それやこれや、多少の脱線はありつつも、今回はついに最終楽章パストラーレまで、時間の余裕を持って到達。ここ数年間で初めて、救い主イエスの誕生に立ち会う(?)ことがでできました。リアルチェロの奏でるバグパイプの響きの上に、安らかで清らかなヴァイオリンのメロディーが重なり、長く暗かった冬の夜の終わりを予感させて、全曲が終了。クリスチャンにとってのクリスマスというものの、本来の姿の一端に触れた気がします。
 今回は、午前・午後を通じて、これまでずっとめざしてきた「どこか上のほうから響きが降ってくる」感覚が得られた瞬間が、幾度もありました。こんな感覚を共有しながら、自分たち自身でクリスマスの響きを作れる・・・って、ほんとうに贅沢なことだと思います。先生、皆様、ありがとうございました。来年は、さらに純度の高い響きをめざしたいと思います。

≫ だいぐるん
こんにちは(^_^)
久々の参加でしたけれど、
reiko先生、皆様のおかげで、楽しむ事が出来ました。

このオフ会は、シンプルに純粋に!?楽しもう
という雰囲気があって、
曲やハーモニーを作り出す真剣さはありますが
堅苦しさがなくって、思ったまんま弾けます(^_^)

そしてそこから、
reiko先生とメンバーとの
曲作りガチンコ向き合い(笑)が始まるのも
私は好きです。

そこには、トップダウンの演奏スタイルとは別の
同じ空間にいる人間同士で作りだす
提起と検証と歯がゆさと理解と
その先のある美しさがあるからです。
なぁんて堅苦しいなぁo(^_-)O

toyoさんのナニワ解説を聞いて
関西弁版モーツァルトオペラ(確かフィガロだったかと。。)を
思い出しました。
音楽は言葉。。なのかも(^_^)

時間を重ねるほど増していく
豊かに響き合ったハーモニーが美しかったなぁ。
ありがとうございました♪

≫ totoro
コメント、最終者?
iPhoneからはつながらないことを今頃確認、失礼しました。
クリスマスコンチェルト、良かったです。
実は今回ご案内をいただくまで、明確にこの曲であることを認識しておらず、、。
フレーズは断片的に記憶していたのですが。

低弦がお役に立ててなによりでした。
音程が悪く、時々落ちることもあり、訓練不足を実感。
(普段使っている楽器と微妙にポジションが異なり、慣れるのに時間がかかります。)
次回、さらに練習をして臨みたいと思います。

≫ れいこ♪(管理人)
◇ soraさん
いつもご参加ありがとうございます!
今回は、お父様のお具合が大変な中、ありがとうございました。
その後、通院で大丈夫とのご報告を受けて、不幸中の幸いで良かったですね。

◇ toyoさん
毎回の常連参加ありがとうございます!
今回は、リアル・ヴィオラでなかなか良かったですね!
ヴィオラにも随分なれてこられたと思います(^_^)
さすが、かくれ??関西人だけあって、お笑いの素養満点で、ほぼ爆笑しながらのアンサンブルでした!(笑)

◇だいぐるんさん
ひさしぶりのご参加、ありがとうございました!
『関東オフ会』や、『Vn 1日レッスン』のキッカケ人??なだけに、ムードメーカーさんですが、今回も楽しく、皆で『1』を目指すアンサンブルができて良かったですよね♪

◇Totoroさん
今回もご参加ありがとうございました!

iPhoneでだめでしたか?(^_^;
大変申し訳ありません。
レスポンシブデザインは意識しているのですが、、、近日、再度、リニューアルする際には、すべてのサイトをレスポンシブデザインに変更予定です。

今回は、ガット弦のリアル・チェロさんに入って頂いたので、それも、コレッリもなんとかかんとか(^_^;、弾きこなして。。。

ハーモニーも作りやすかったと思います。

  - - * - - * - - * - - * - - 

年末恒例のコレッリのクリスマス協奏曲、毎年、なかなか最終楽章(パストラーレ)が、なんとなく未消化?気味でしたが、今回は、各楽章の終止のハーモニーもかなり決まり、気持ちよくおわれたと思います。

次回は、今年(2015年)3月の3週目、または4週目のつもりで、現在、スタジオ予約できるようにお手伝いいただいております。
現在、第1候補は南浦和ですので、ここで決まれば、人数が多くてもOKです(笑)
第2項は、いつもの所沢になります。

また、決まりましたら、発表し、参加を募れるようにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

COMMENT FORM

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
11月 2017年12月 1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31